ハイプロンでサクッと安眠!夜なかなか寝付けないアナタにオススメ

夜就寝時間を迎えてもなかなか寝付けないという日が続く場合、入眠障害である可能性があります。
寝不足で朝を迎え、日中の活動に支障が出てしまう場合は、睡眠薬の力を少し借りてしっかり休息をとるのも一つの手段です。

そんなアナタにオススメしたいのがハイプロン。超短時間作用型の睡眠薬であるため即効性と薬の切れが良く、スムーズに睡眠を誘います。
ハイプロンは個人輸入サイトから通販で購入でき簡単に手に入れる事が可能です。

そこで今回はハイプロンについてご紹介していきましょう。
睡眠薬を通販してみたいと考えている人は参考にしてみてください。

入眠障害にハイプロンオススメなワケとは!?

入眠障害にハイプロンオススメなワケとは!?

睡眠薬はすべて同じではなく、薬の種類によって作用時間などに違いがあります。
睡眠薬を選ぶうえで注目したいのが、薬の作用時間。
寝つきが悪いタイプは、即効性があり作用時間の短い超短時間作用型の睡眠薬が良いでしょう。
ハイプロンは超短時間型の睡眠薬に分類されます。

薬の作用時間は3~5時間で、服用からすぐに眠気が訪れ、朝までぐっすり熟睡が可能です。薬の切れが良いため、翌朝まで作用が持ちこされずにすむのでスッキリと起きられます。

現代の睡眠薬は副作用や依存性も低く改良されているものばかりです。
ハイプロンも同様で副作用や依存性が低く、初めて方でも安心して使用できます。

ハイプロンの睡眠効果

ハイプロンの有効成分はザレプロン。日本ではザレプロンを有効成分とする治療薬はありませんが、海外では睡眠薬、鎮痛薬としても広く使われています。
ザレプロンには脳内の神経伝達物質を増強させ、不安や興奮、緊張を和らげてくれる効果があります。
心も体もリラックス状態へと導いてくれるため、寝付きやすい状態作り、翌朝まで睡眠を持続させることが可能です。

ハイプロン使用者の声

ハイプロンを実際に使用している人たちのツイートを見てみましょう。

ハイプロンのココを気をつけよう!

ハイプロンのココを気をつけよう!

ハイプロンには副作用もあります。症状はめまいや 立ちくらみなどです。
どんな医薬品でも合う合わないがありますが、それはハイプロンも同じ。
薬を飲んでアレルギー症状など異常が出た場合は速やかに病院へ行き医師の診察を受診ましょう。

また、抗不安薬や抗うつ薬をもともと飲んでいる人はハイプロンを服用する事ができません。なぜならこれらを併用してしまうと、薬の作用を強めてしまう可能性があるからです。

依存性や副作用が少ないハイプロンですが、間違った服用方法(用法、用量を守らないなど)は危険ですのでやめましょう。

ハイプロンの正しい飲み方

ハイプロンは1日1錠を就寝前や寝付けない場合に服用します。
服用してから30分~1時間程で効果が現れ始めますが、早い人で15分程で効き目を実感する人も。

服用後は急激に眠気がきます。ハイプロンには筋弛緩作用があり、足元がふらつきやすくなるため、薬を飲んだ後は動き回ったりせず、ベッドで横になるなど安静に過ごしましょう。

睡眠薬のリスクを回避するには

ハイプロン含む睡眠薬のリスクで最も気になるのは依存リスクではないでしょうか。
依存リスクが低いハイプロンでも、長期的に服用すると依存に繋がります。
薬に依存してしまうと、より強い薬でなければ眠れなくなり、睡眠薬なしでは眠れないという状況になりかねません。
睡眠薬はあくまで一つの手段。
薬に頼らならくても眠れるように、「軽い運動を心がける」「寝る前はスマホやパソコンをみない」「室内を暗くする」「リラックスできるハーブティーを飲む」など工夫をし、睡眠薬は最終手段として考え賢く頼っていきましょう。