睡眠薬の強さはどう判断する?入眠スピードと持続時間がポイント

不眠症治療の現場では、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬が多く用いられています。

これらは緊張や不安で活動的になっている脳の働きを抑えて、催眠作用によって眠りやすくするのがおもな働き。

薬によって効果はさまざまで、入眠までの早さや作用がどのくらい長く続くかによって強さを判断します。

半減期でみる睡眠薬の強さ

睡眠薬の強さを考える

睡眠薬の作用時間をみるときに登場するのが、半減期(はんげんき)というキーワードです。

有効成分が体内で吸収される際、血中濃度が最高値に達してから半分になるまでにかかる時間のことで、薬の作用時間として捉えられています。

つまり半減期が短ければ効果が続く時間は短く、半減期が長ければ長く効くということなんですね。

即効性と作用時間、どっちをとる?

「眠れないから睡眠薬を」と考えるとき、どんなタイプの睡眠薬を選ぶかが重要。
不眠の症状に適した薬をチョイスできなければ、期待した通りの効果が得られない・・なんてことに。

どんな睡眠薬があるのか、入眠速度と作用の持続時間についてサッと目を通しておきましょう。

超短時間型 短時間型 中時間型 長時間型
最高血中濃度になるまで
(即効性)
1時間以内 1~3時間 1~3時間 3~5時間
半減期
(作用時間)
2~4時間 6~10時間 12~24時間 24時間以上
商品例 ルネスタ、ハイプナイトなど(通販可) バスパー、バスピンなど(通販可) ロヒプノール、サイレースなど(処方のみ) ドラール、ダルメートなど(処方のみ)

上記の内容を踏まえたうえで、自分の睡眠障害のタイプに合った薬を探します。

入眠障害で悩んでいるなら、体内で早く吸収されて効きが早い超短時間型
熟睡障害や中途覚醒、早朝覚醒なら、睡眠時間をキープしやすい短時間~中時間型
の薬を選ぶといいでしょう。

即効性より安全性の高い睡眠薬を探すなら

ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は効果が得やすい半面、副作用には注意が必要です。
(りんく 副作用のid)

副作用はイヤだ・・でも眠れるようになりたい・・。
そんな人におススメなのが、メラトニン系の商品。
メラトニンは体内時計に作用するホルモンのひとつで、睡眠ホルモンとも呼ばれています。

メラトニンの働き
メラトニンを働きやすくする
メラトニンの量を増やす

メラトニンに作用することで、もともと身体に備わっている睡眠力を引き出す効果があります。

処方薬として流通!通販もあり◎ロゼレム

メラトニン受容体作動薬ロゼレム

ロゼレムの有効成分はラメルテオンで、メラトニン受容体作動薬に分類されています。

メラトニンの受け皿を増やす作用があり、太陽が昇ると活動をはじめて日が沈むと休息するという体内サイクルの正常化を促します

じっくり時間をかけて体内時計を整えていくので、2~4週間ほど服用を続けることが必要。
重い副作用はないものの翌日の日中に眠気を引きずりやすく、傾眠(うとうとしている状態)が起こりやすいので、慣れるまでは十分注意してください。

日本国内で認められているのは先発薬のみですが、海外ではすでにジェネリックが流通しています。

もっと自然に眠れるカラダ作りを・・メラトニンサプリ

メラトニンサプリメント

ロゼレムよりもさらにナチュラルな働きを持っているのが、メラトニンを含むサプリメントです

メラトニンの量を増やすことで覚醒と睡眠のサイクルを整え、自然な眠気が起こりやすい身体作りが目的

アメリカではサプリメントとして一般的な存在ですが、日本ではメラトニンを含む薬もサプリメントも販売されていません。

個人輸入代行専門の通販サイトや海外食品を取り扱っているサイトで購入可能です。